目立つほくろはクリニックで除去!安全・確実な治療が行える

ほくろを自宅でケア

女性

クリニック通いが嫌ならほくろクリームを選択してみる

「ほくろを何とかしたいけど、クリニックではなく自分で何とかしたい」と思う事もありますよね。ほくろ除去の方法は、クリニックだけではありません。自宅で行えるほくろ除去法として、「ほくろクリーム」があります。気になる部分にクリームを塗る事で次第にほくろが薄くなっていくクリームです。ハンドクリームのような感覚でケアが行える夢のようなアイテムですが、ここで気を付けてほしいのが、ほくろクリームは日本のクリニックで使用が勧められているわけではないと言う点です。自宅でほくろケアが行えるのは手軽に感じますが、必ずしも効果が見込めるものではないという事と、人によっては肌トラブルが起こる可能性があります。肌が荒れてしまえば、肌を治すためのケアにもコストがかかってしまいます。なので使用する際は、その点をふまえた上で使うようにしましょう。ほくろクリームは、「クリニックでほくろ除去を行うのが面倒」「コストが気になる」「自分でなんとかしたい」などの考えがある方に向いている方法だと言えます。

ほくろを作らないようにするには

良性のほくろであれば特に体への悪影響はありません。1つだけならまだしも、顔にぽつぽつとほくろが出来るとメイクで隠すのも大変。出来るならほくろのないスベスベの肌を手に入れたいですよね。ほくろの発生は、日頃の生活習慣を見直す事で防ぐ事が出来ます。
まず、ほくろを作る原因として代表的なのが、紫外線とターンオーバーの乱れです。紫外線によって、ほくろを作り出すメラニンが活発になるので、とにかく紫外線対策を行う事が大切!外出する際はUVクリームや日傘、帽子を忘れないように身に付けましょう。また、室内にいても紫外線は窓から入り込んでくるため、家でもUVクリームを塗っておくのがおすすめですよ。さらに、ターンオーバーの乱れがほくろを作り出す原因だと言われています。肌のターンオーバーが乱れると、体内にたまったメラニンが排出されないので肌にほくろを作ってしまいます。夜中までついついスマホをいじってしまい、睡眠不足になってはいませんか?睡眠の質とお肌の質は関係が深く、寝ている間に出る成長ホルモンが、古くなった細胞を押し出してくれます。これによってメラニンも排出してくれるわけですが、十分な睡眠が取れなければメラニンは溜まってく一方です。毎日睡眠不足が続けば、ほくろは作られ続けます。良質な睡眠が取れなければ、ほくろだけではなくニキビやクマを作る原因にもなります。それから、適度な運動を取る事もおすすめです。運動をすれば血の巡りが良くなり、体の中の不要な毒素を排出してくれます。メラニンも一緒に出してくれるので、ほくろの予防に繋がるでしょう。以上の事から、ほくろの発生を防ぐためには紫外線対策と肌のターンオーバーを行う事が大切です。ほくろ知らずの肌になるため、ぜひ生活習慣を整えましょう。

Copyright© 2019 目立つほくろはクリニックで除去!安全・確実な治療が行える All Rights Reserved.