目立つほくろはクリニックで除去!安全・確実な治療が行える

自分に合った治療を行おう

看護師

ほくろはクリニックで取り除こう

大きく盛り上がったほくろが体に出来た時、ほくろを自分で取りたい衝動にかられるかもしれませんが、自分でほくろを処理するのは危険です!出血の可能性もあり、しっかりほくろが取れずに逆に肌を傷つけてしまう恐れもあります。ほくろを安全・確実に取ろうと思ったら、美容外科や皮膚科といった専門の医療機関に相談を行いましょう。専門の医療機関ではほくろを除去するための設備が整っているので安心ですよ。どのような治療が行えるかというと、ほくろの治療には、「レーザー治療」「電気メス」「切開」があります。

レーザー治療によるほくろ除去

レーザー治療と言えば、シミやニキビ、いぼを除去するのに活躍しています。ほくろの除去でもレーザー治療は役立ち、特に平たくなった5mm以下のほくろを除去するの効果的です。大きく盛り上がったほくろではなく、平均的なサイズのほくろに向いている治療法だと言えます。平均サイズのほくろ向けではありますが、レーザー治療の良さは、なんといっても1度に多くの数のほくろを治療する事が可能です。ほくろが密集して困っている方に適していると言えるでしょう。さらに、1度の治療時間の短さもレーザー治療の特徴です。ほくろの数にもよりますが、平均的には数分程度で終了するので、1度の治療にあまり時間をかけずに終わりたい方にぴったりです。レーザー治療にもいくつか種類があるので、レーザーの特徴を医師に相談し、自分に合うものを選ぶと良いでしょう。

電気メスを使用した治療法

電気メスも、ほくろ治療に有効な方法です。電気メスは通常のメスとは違い、高周波電流が流れています。メスと言うと、「出血する恐れがあるのではないか」と不安にあるかもしれませんね。しかし、電気メスに流れる高周波電流による熱の効果で、切開を行いつつも患部を固まらせるので、出血する事は滅多にありません。傷口を縫い合わせる作業もないので、治療の跡も最小限に抑えられます。これなら、手術を行った事を周りに気付かれずに済むので助かりますね。また、切開を行う前に局部麻酔をかけるので、痛みを感じる事もないので安心です。電気メスのデメリットとしては、大きなほくろや、ホクロが皮膚の深い部分まで達している場合には向かない事です。ほくろのサイズが5mm以下であれば治療が可能ですが、大きなほくろを電気メスで処置した場合、患部が大きくへこんでしまう可能性があります。ホクロが皮膚の深部まで広がっている場合も、同じようなリスクがあります。

メスを使用した切開の治療法

最後に、メスを用いた切開による治療法です。ほくろ治療において、切開による除去は1番スタンダードな方法です。レーザー治療や電気メスでは治療が難しかった5mm以上の大きなほくろでも、切開であれば治療が可能になります。大きなほくろがコンプレックスになってしまった方も、切開によってほくろを除去すれば笑顔で明るく過ごせる事が出来ますよ。
ただ、切開で行なう上でのデメリットも忘れてはいけません。切開で大きなほくろを取り除いた後は、患部を縫合する必要があります。そして、手術が終わったら、抜糸するまで患部が水に触れる事は禁止されています。シャワーを浴びる際も注意する必要がありますし、顔のほくろを除去した場合だと、洗顔する際も気を付けなければいけませんね。さらに、切開によるほくろ治療は、手術の完成度が医師の腕次第というデメリットもあります。医師にきちんとした技術が備わってなければ、キレイな仕上がりにするのは難しいです。切開による治療を検討する際は、満足のいく治療が行える医師かどうか必ず考えて下さいね。

Copyright© 2019 目立つほくろはクリニックで除去!安全・確実な治療が行える All Rights Reserved.