目立つほくろはクリニックで除去!安全・確実な治療が行える

自分に合った治療を行おう

看護師

ほくろ除去にはいくつかの方法があり、その中から代表的な3つの治療法についてご説明します。それぞれの方法にメリット・デメリットがありますが、自分に合った治療法を選ぶ事が大切です。医師と相談しながら自分に適した治療法を選びましょう。

詳しく見る

悪性のほくろに注意

医者と看護師

ほくろには、良性と悪性のものがあります。良性のほくろは健康に悪影響はありませんが、悪性のものは皮膚がんとなり命を脅かします。自身の健康を守るためにも悪性のほくろを判断出来るようになり、早期発見に繋げましょう。

詳しく見る

ほくろを自宅でケア

女性

体に出来たほくろを何とかしたいと思うものの、クリニックに通うのが煩わしいと思う場合もありますよね。そんな場合に活用できるアイテムや、普段の生活で行なえるほくろ対策についてまとめてみました。ほくろ知らずの肌を目指す方の参考になれば幸いです。

詳しく見る

いつのまにか出来るほくろ

カウンセリング

何故ほくろが出来るのか

いつのまにか私たちの体に出来ているほくろ。何故出来るのか、何故肌と違う色をしているのか気になりますよね。肌の色と違ってほくろが出来る主な原因は、紫外線による影響だと言われています。ほくろは主に、メラニンと言う色素で出来ています。メラニンは、皮膚の中にある茶色い色素で、メラニンが活発になると皮膚が黒くなってしまいます。ほくろが黒い色をしているのは、これが理由です。紫外線に多くあたるほどメラニンは増え、ほくろが作られていきます。もし肌に出来たほくろの数が気になっているなら、紫外線対策をしっかり行っておくのが良いでしょう。他にもほくろが出来る原因に、遺伝やストレスがあります。遺伝的なほくろは思春期までには出来ると言われますので、それ以降に出来たほくろは後天性のものだと考えられます。また、ストレスがたまるとホルモンバランスが崩れるので、体にあるメラニンを体外へ出せず、ほくろが作られてしまいます。つまり、ほくろは生きいれば体に自然に出来るものだと言えます。良性のほくろであれば特に除去する必要はありません。

気になるほくろは除去しよう

ほくろと言えば小さく平たいものをばかりではなく、サイズが大きいものやぽこっと盛り上がったものもあります。こういったほくろは「色素細胞母斑」と呼ばれます。これが出来る原因は、ほくろを作るメラノサイトが変化を起こした事が理由にあり、通常のほくろに比べて大きく膨らんでしまうので、切除するのが好ましいです。盛り上がったほくろが腕などに出来てしまうと、何かにこすった際にほくろが引っかかる可能性があります。ほくろから出血しバイ菌が体に入ってしまう恐れがあります。また、もしも大きなほくろが顔に出来てしまえばメイクで隠す事も難しくなりますし、人の視線が気になってしまいますよね。また、ほくろと言えば黒や茶色といった濃い色が出来やすいですが、中には例外もあります。それが「青色母斑」です。読んだ通り青い色のほくろで、青く見える原因は皮膚の奥までほくろが達している事から、青く見えると言われています。
色素細胞母斑にしろ青色母斑にしろ、体に悪影響を及ぼすわけではありません。ただ、サイズが大きかったり目立つ場所に出来た場合は皮膚科を受診したほうが良いでしょう。また、ほくろの除去を考えた場合、ほくろが大きく成長する前に行う事が望ましいです。皮膚の深い所までほくろが成長していると、治療も1度では終わらない可能性もあります。スムーズに治療を行うため、早めに対応するようにしましょう。

Copyright© 2019 目立つほくろはクリニックで除去!安全・確実な治療が行える All Rights Reserved.